クリニックの費用や治療

カウンセリング

鬱病は精神的な面と肉体的な面の両方に影響を及ぼしますので、身体の変化にも注意しなければなりません。病院で鬱のチェックと問診やカウンセリングを行って治療が必要な場合は継続的に抗うつ剤を服用する必要があります。

詳しく見る

悩みすぎる前に

男性

約25%の人がかかるといわれている鬱病ですが、自分でうつかどうかを判断するのは危険です。人によって症状の出方や治療方法も異なりますから、「おかしいな」と思ったら病院でチェックを受けて、治療が必要なら医師の指示に従いましょう。

詳しく見る

精神病の治療と診断

医者

鬱病であるかどうかは、診断サイトを使って自己チェックすることが出来ます。また心療内科や精神科などの専門的病院では、カウンセリングや血液検査、総合的な診察などを通じて、正式に判断されます。早期発見が重要な病気と言えます。

詳しく見る

精神疾患の特徴

ハート

早期診断の重要性

鬱病は、気力のなさや絶望感が心を支配してしまう病気です。環境の変化によるストレスや、悩み、睡眠不足などが主な原因であると言われています。完治するためには、病院で適切な治療を受ける必要があります。しかし精神科のような場所へ行くのに抵抗がある、という人も多いため、病院へ行く前に、セルフチェックをしてみると良いでしょう。インターネットで検索すると、簡単に診断が出来るサイトがいくつかヒットしますので、試してみましょう。医療機関を受診する前にセルフチェックを行っていれば、その結果を医師に提出することで診断がスムーズになりますし、治療の参考にもなりますのでおすすめです。さて、診断は、はい、いいえ、などの選択をしていくだけで簡単に行うことが出来ます。チェック項目としては、体がだるい、無気力感を感じることがある、というような症状の項目もあれば、仕事に熱中するほうだ、騒音が気になるタイプだ、などの、もともとの性格の特徴を診断する項目もあります。このような項目から総合的に判断し、セルフチェックが完了します。ただしあくまでも、鬱病である、と診断するという目的よりも、自分である程度症状やその重さを知っておくという参考程度の資料となりますので、正確な診断は医療機関でしてもらうようにしましょう。医療機関では、血液検査や脳波の検査を始め、血圧、心電図、問診などあらゆるチェックを行い、鬱であるかどうかを診断します。結果によっては、鬱と良く似た双極性障害や統合失調症と判断されることもあります。病気の種類や症状によって治療方針も異なってきますし、処方される薬も変わってきます。鬱のセルフチェックは、病院へ行くための第一歩を後押しするためにとても重要と言われています。鬱病は、特に初期の場合なかなか自分で気づくことが出来ません。特に鬱になりやすい人は、真面目で責任感が強く、完璧主義者であるタイプが多く、そのような人は自分の体や心の不調をなかなか認めることが出来ないという特徴があるのです。そこで、セルフチェックを行うことで、初めて自分の体と心の異常に気付くことが出来ます。鬱は甘え、という考えを持つ人も多いですが、立派な病気です。病院へ行って診断された場合には、堂々と会社を休職することも出来ますし、休養も治療においてとても大事なポイントです。完治を目指すためにも、早めに病気に気付くことはとても重要なのです。また、病院でのチェックで正確に病気であると判断された場合には、すぐに治療を開始する必要があります。治療はカウンセリングや投薬が中心となりますが、症状が重い場合には、一時的に社会と隔離し入院する必要がある場合もあります。入院するほど重症になると、完治に1年以上かかることが普通ですので、かなり長期的な治療が必要となります。そうならないためにも、日ごろから心の不調を感じたときに、セルフチェックをする習慣を付けることをおすすめします。自分の心と体の健康を守るため、少しでもおかしいと感じたら病気であることを疑ってみましょう。ストレスフルと言われている現代、鬱を患ってしまう人は珍しくありません。発症した場合には堂々と休養し、自分の心をコントロールしましょう。

Copyright© 2018 チェックで鬱病の可能性ありか知る|うつうつ気分が続いたら All Rights Reserved.