クリニックの費用や治療

カウンセリング

治療にかかる費用や注意点

鬱病は放置しても症状が悪化する一方ですのでまずは専門クリニックを受診してください。専門クリニックにカテゴライズされるのが心療内科と精神科です。精神的な病をメインに治療を行うことが出来る科です。一般的な内科では治療を行うことができません。まずはクリニックでカウンセリングを行います。カウンセリングによって鬱病かどうかが判断されます。主なチェック内容としては気分が優れない、やる気がおきない、周りの騒音が気になる、楽しみを感じないなどの精神的なことから、体力の低下や頭痛眩暈、疲労が抜けないなどの肉体的な項目まで様々あります。セルフチェックの場合でも大体20個から30個程度の項目があり、当てはまるものが多ければ多いほど鬱の傾向が強いと考えて良いでしょう。クリニックで診断した場合はチェック項目を確認した上で問診が行われます。心療内科や精神科を受診した場合、保険が適応されますので費用に関しましては三割負担になります。初診の場合は初診料も発生しますので薬代を含めますと約5千円前後掛かります。もちろんクリニックによって料金が異なるということは頭に入れておきましょう。カウンセリングを重要視するクリニックの場合はカウンセリングに費やす時間を長く設けて別途料金が発生することもあります。そういったケースの場合は5千円から1万円程度みておきましょう。生活にも支障をきたすような症状や一か月の治療費が一定金額以上になる場合は自立支援医療制度を利用することができ、医療費が一割負担になります。鬱病のチェックを行う時には精神的な問題だけではなく肉体の変化にも気を付けなければなりません。人によっては鬱の自覚がないまま身体に異常をきたすケースもあるのです。神経伝達物質の異常ともされていますので自律神経の乱れから感情や睡眠、食欲などに変化が現れます。例えば何をしていても楽しむことが出来ず負の思考になってしまったり、睡眠障害、摂食障害などを及ぼしたりすることも珍しくありません。自分で異常を感じたらすぐに病院を受診してください。身体の異常が現れた場合は内科を受診するのが一般的ですが、内科での診察で異常がなく状況が改善しないならば鬱病などの精神的な病が原因の可能性も考えられます。自分で自分をコントロールできるうちに病院を受診しましょう。最近ではインターネットなどでもセルフチェックを行うことが出来るようになりましたが、最終的には医師の診断が必要になります。鬱病と診断されたら抗うつ剤が処方されます。抗うつ剤は神経伝達物質の異常を正常に整える働きがありますので、服用することによって症状を抑えることができます。服用してすぐ効果が現れるというよりも継続して服用することによって効果を発揮するのが抗うつ剤です。従って、医師からのOKサインが出るまでは薬の服用は続けてください。症状が治まったからと言って自己判断で服用をストップさせると再発する可能性が出てきますので注意しなければなりません。医師の判断に基づきしっかりと治療に取り組めば必ず症状は改善します。まずは自分と向き合って現状を受け入れることから始めてください。

Copyright© 2018 チェックで鬱病の可能性ありか知る|うつうつ気分が続いたら All Rights Reserved.